心理療法・カウンセリング

LGBTQの学び

リリーのすべて(The Danish Girl

 学会で,ジェンダーとセクシャリティーに関する研修を受けました。

 そこで紹介されていたものの一つ,映画「リリーのすべて」(The Danish Girl)を改めて認識しました。

 世界で初めて男性から女性へと性別適合手術を受けた人,リリー・エルベを主人公としたものです。

 LGBT,LGBTQ,LGBTQ+,その中で様々な性志向,性自認があること,それがどのように世界的に認められてきたのか,何が現在も議論になり続けているのか,まだまだその本の一部でしょうけれども,触れることができて有益でした。

 人がどのように,自分のアイデンティティを獲得していくのか,その揺らぎがどのような枠の中で生じやすいのか,そのような事例の蓄積は大切ですね。

知識は強さにつながる

 わからないことは,わからないと言えること。

 わからないことを,自分がわかっていることを使ってわかった顔をしてしまうこと。

 前者のように,わからないという状態に留まるためには,何がわかっていて,何がわかっていないのかをはっきりと知ることで,その立場を安定的に持てるようになります。

 これは,知識を求め続けること,それを実際に当てはめて感が続けること,そのような終わりない取り組みから生まれる強さですね。

 現在,博士論文執筆中で,ブログに手が回っていません。
 時折,更新しますのでよろしくお願いします。

 本当は,前回のブログで,今まで書いてきた本の紹介を整理できれば,と言っていました。

 それとは別に,もう一つ書きたいこともあるのですが…。

 玉井心理研究室では、心理療法・心理カウンセリングの提供をしています。また、個人のみならず、組織や会社団体などにおける心理支援も行っております。
 現在は、Zoomやスカイプ、電話による相談も強化しております。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。