玉井仁

心理雑感

森田真生 数学を通して生きる人

独立研究者 数学研究者の森田真生さんの本を読みました。「計算する生命」「数学する身体」面白いですね。ちょっとしたメモのような散文になりましたが,よかったらどうぞ。

心理療法・カウンセリング

バトル・フィールドから離脱する

令和5年最初のグループのご報告です。勝ち負けに囚われるバトル・フィールドから出ること,心やすらかな仲間との時間を持つことなど,大切な話がいろいろとありました。

心理雑感

のんびりも終わり

「心理療法家がみた日本のこころ」(河合俊雄著,ミネルヴァ書房)について,境界線という概念を通して「人の心と健康」について改めて見直してみたいと思いました。

心理雑感

令和5年 謹賀新年

令和5年 謹賀新年 皆さんにとって本年が良い年となりますように,心より祈念申し上げます。

心理雑感

大江健三郎 再考

大江健三郎とは合わないと思ってきました。そんな彼について理解し,歩み寄る感覚は,自分の変化と共に訪れたようにも思います。

スタッフ

心を溶かすもの

苦しみは,身近にありますね。それを何とか乗り越えようとする人たちの応援歌,ヒゲダンの主題歌「subtitle」は素敵です。

心理雑感

様々な幸福について

イギリスの動物学者,デズモンド・モリスの著書,「『裸のサル』の幸福論」(新潮社)では,複数の幸福を客観的に示しています。「標的の幸福」を筆頭に,それらを簡潔に示してみました。